m3.com トップ > 臨床ニュース > 開発中の新規化合物「BI 655130」、希少難治性の乾癬の症状を迅速に改善

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

開発中の新規化合物「BI 655130」、希少難治性の乾癬の症状を迅速に改善

2019年3月18日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 皮膚疾患投薬に関わる問題

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社は3月12日、同社が開発中の新規化合物「BI655130」を単体投与することにより、希少難治性の乾癬である汎発性膿疱性乾癬(GPP)の症状を迅速に改善したことを示す、第1相臨床試験のデータを公表した。同データは、「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(NEJM)」に掲載されたもの。また、2019年3月にワシントンDCで開催された米国皮膚科学会(AAD)の年次総会でも発表されている。BI655130は、免疫系の中で多くの炎症性疾患に関与している可能...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞