m3.com トップ > 臨床ニュース > アルツハイマー型認知症に対する超音波治療、安全性を確認し本格治験へ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アルツハイマー型認知症に対する超音波治療、安全性を確認し本格治験へ

2019年3月19日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 神経内科疾患

東北大学は3月14日、アルツハイマー型認知症に対する超音波治療の医師主導治験において安全性を確認し、本格治験へ進むことを発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科循環器内科学分野の下川宏明教授、進藤智彦助教、江口久美子医師、同大学加齢医学研究所老年医学分野の荒井啓行教授らの研究グループによるもの。アルツハイマー型認知症は代表的な認知症のひとつで、いくつかの症状改善薬が開発されているが、根本的な解決策となる治療法は確立されていない。超高齢社会の進展に伴う認知症患者の急激な増加と相まって、毎年、世...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞