m3.com トップ > 臨床ニュース > 労働時間と急性心筋梗塞・脳卒中発症リスクとの関連を調査

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

労働時間と急性心筋梗塞・脳卒中発症リスクとの関連を調査

2019年3月20日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 循環器疾患脳神経外科疾患その他

国立がん研究センター社会と健康研究センター予防研究グループは3月15日、多目的コホート研究(JPHC研究)からの成果報告として、労働時間と急性心筋梗塞・脳卒中発症リスクとの関連を調べた結果を発表した。この研究は、平成5年(1993年)に茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古の5保健所(呼称は2019年現在)管内に住んでいた、40~59歳の男性約1万5,000人を約20年間追跡した調査結果にもとづいたもの。研究成果は、「CirculationJournal」にて公開されてい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞