m3.com トップ > 臨床ニュース > 緊急避妊薬ノルレボ錠の後発品を発売 国内初

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

緊急避妊薬ノルレボ錠の後発品を発売 国内初

2019年3月25日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

富士製薬は3月19日、緊急避妊薬ノルレボ錠1.5mgの後発品となるレボノルゲストレル錠1.5mg「F」を発売した。ノルレボ錠の後発品は国内初となる。先発品と同様、後発品も薬価未収載品。同社は本誌取材に後発品価格について、「具体的には言えないが、先発品より安価でなければ意味はない。先発品価格よりも抑えた形に設定している」と述べた。先発品は1錠あたり1万円~1万5000円ほどのため、後発品は1万円を下回る価格設定とみられる。同錠は、避妊の失敗などによる性交後の予期せぬ妊娠を回避する方法として緊急的に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞