m3.com トップ > 臨床ニュース > ファムビルの用法・用量追加で周知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ファムビルの用法・用量追加で周知 再発性の単純疱疹で1回1000mgを2回投与可能に

日本皮膚科学会はこのほど、抗ウイルス薬「ファムシクロビル」(商品名:ファムビル250mg)について、単純疱疹の用法・用量追加に伴う添付文書の改訂ポイントをまとめた文書を公式ホームページに掲載した。添付文書に追加されたのは、「再発性の単純疱疹の場合は、通常、成人にはファムシクロビルとして1回1000mgを2回経口投与することもできる」の記載。これは、患者が初期症状を感じた時点で早期に服用開始する「PatientInitiatedTherapy(PIT)による短期間投与」であり、メリットとして早期投...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞