m3.com トップ > 臨床ニュース > ビボナ気管切開チューブの供給が一時停止

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ビボナ気管切開チューブの供給が一時停止 再開時期は不明

2019年3月25日 日本気管食道科学会  カテゴリ: 呼吸器疾患救急その他

日本気管食道科学会はこのほど、「ビボナ気管切開チューブ」の供給が一時停止になるとする製造販売元のスミスメディカル・ジャパン株式会社の通知文を学会ホームページに掲載した。この状態が完全に解消する時期は、2019年3月時点では明らかになっていない。通知文によると、同製品の滅菌工程を委託している米国イリノイ州のステリジェニック社工場が環境保護庁の指導により閉鎖され、その影響で、ビボナ気管切開チューブシリーズの供給が一時停止される見込みとなった。両社は全力で対応に取り組んでいるが、供給再開の時期は不明で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞