m3.com トップ > 臨床ニュース > 「悪徳雑誌」への投稿に注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「悪徳雑誌」への投稿に注意喚起 日本医学会「投稿誌の慎重な選定を」

2019年3月25日 日本医学会  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

日本医学会はこのほど、著者から徴収する論文掲載加工料による収入のみが目的で、掲載論文や出版の質の管理が粗雑な「悪徳雑誌」が増加しているとして、注意喚起を行っている。その特徴などを示した上で、論文を投稿する際には投稿誌を慎重に選定するよう呼びかけている。悪徳雑誌の特徴としては、「有名誌に似た雑誌名をつけ、論文掲載加工料や編集・出版方針を明確に公表せず、投稿された論文を十分な査読過程を経ないまま、ほとんどすべての投稿論文を発行して、論文掲載加工料を請求すること」が挙げられている。研究者宛てに投稿を勧...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞