m3.com トップ > 臨床ニュース > 「避けられない」で求められる対応力【時流◆アナフィラキシー】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「避けられない」で求められる対応力【時流◆アナフィラキシー】 海老澤元宏・相模原病院副臨床研究センター長に聞く―Vol.1

2019年3月26日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患アレルギー疾患一般外科疾患

初期対応の重要性を強調する海老澤氏m3.com意識調査で症例の軽重を問わずにアナフィラキシーの症例経験があるかどうか医師会員2491人に尋ねたところ約7割が「ある」と回答した(『アナフィラキシー症例の最多原因は医薬品』を参照)。医療従事者であれば、何らかの形で遭遇する可能性が高いアナフィラキシーに対応する上でのポイントを、相模原病院副臨床研究センター長の海老澤元宏氏に尋ねた。同氏は「アナフィラキシーには、避けられるものと避けられないものがある」と話し、常に起こりうることを想定して対応に備えておく...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞