m3.com トップ > 臨床ニュース > 自閉症や統合失調症などの病因に多価不飽和脂肪酸の代謝異常が関与

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

自閉症や統合失調症などの病因に多価不飽和脂肪酸の代謝異常が関与

2019年3月26日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患精神科疾患

千葉大学は3月18日、自閉症スペクトラム障害(ASD:autismspectrumdisorder)や統合失調症などの神経発達障害の病因に、多価不飽和脂肪酸の代謝に関わる可溶性エポキシド加水分解酵素(sEH:solubleepoxidehydrolase)の異常が関与していることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大社会精神保健教育研究センターの橋本謙二教授、大学院医学薬学府の馬敏博士課程らの研究グループによるもの。研究成果は「PNAS」に掲載されている。ASDや統合失調症は代表的な神経発達...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞