m3.com トップ > 臨床ニュース > 発症リスク、どこまで避けられるか【時流◆アナフィラキシー】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

発症リスク、どこまで避けられるか【時流◆アナフィラキシー】 海老澤元宏・相模原病院副臨床研究センター長に聞く―Vol.2

診療の問題点を指摘する海老澤氏「避けられるものと避けられないものに分けて考える必要がある」。相模原病院副臨床研究センター長の海老澤元宏氏は、医療従事者がアナフィラキシーに備える上でのポイントを、こう説明する。万が一発生した場合にはとっさの対応力が求められるが、避けられるべきものを可能な限り避けるにはどうすればいいのだろうか。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・森圭吾)前回の記事『「避けられない」で求められる対応力』はこちら「診断」がはらむ問題――アナフィラキシーを避ける対応は、どこまでできるの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞