m3.com トップ > 臨床ニュース > iPS細胞が臨床試験に結び付いた30年【平成の医療史30年◆再生医療編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

iPS細胞が臨床試験に結び付いた30年【平成の医療史30年◆再生医療編】 再生医療を取り巻く法整備も進む

2019年4月4日 平成の医療史30年  カテゴリ: 循環器疾患その他

失われた臓器や機能を再生する──。それは、医療の究極目標の一つと言えるだろう。無限に近い増殖能力とほぼ全ての組織細胞に分化する能力を併せ持った「ヒトES細胞(胚性幹細胞)」が1998年(平成10年)、“成熟した”細胞の運命を人為的に巻き戻した「ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)」が2007年(平成19年)にそれぞれ樹立されたことによって、「再生医療」は現実のものになりつつある。2018年(平成30年)から2019年(平成31年)にかけては、これまで治療困難だった重症心不全やパーキンソン病、脊髄損...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞