m3.com トップ > 臨床ニュース > セファゾリン供給支障で学会対応示す

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

セファゾリン供給支障で学会対応示す 関連学会の指針参考に代替薬選択など3点

日本感染症学会はこのほど、セファロスポリン系抗生物質「セファゾリンナトリウム注射用0.25g/0.5g/1g/2g」で供給に支障が発生する可能性に対する学会の対応をホームページに掲載した。代替薬に関しては感染症関連学会が発行しているガイドライン(GL)などを参考に選択するなど、3点を示している。製造販売元の日医工によると、同社の同剤在庫は消尽しており、2019年3月25日現在で供給再開のめどは立っていない。同学会は対応として、(1)代替薬に関しては感染症関連学会が発行しているGLなどを参考に選択...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞