m3.com トップ > 臨床ニュース > 心移植の「暗黒時代」をiPSで乗り越える【平成の医療史30年◆再生医療編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

心移植の「暗黒時代」をiPSで乗り越える【平成の医療史30年◆再生医療編】 再生医療の変遷を日本再生医療学会理事長の澤芳樹氏に聞く―Vol. 1

2019年4月9日 平成の医療史30年  カテゴリ: 循環器疾患その他

1998年(平成10年)のヒトES細胞(胚性幹細胞)株の樹立、2007年(平成19年)のヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)株の樹立によって、失われた臓器や機能を取り戻す「再生医療」は現実のものになろうとしている。ES細胞/iPS細胞を用いた移植はどのように進歩してきたのだろうか。多能性幹細胞を用いた心不全治療の可能性を長年研究してきた大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科教授で、日本再生医療学会の理事長も務める澤芳樹氏に、再生医療の見通しを語っていただいた。近い将来、人工心臓や心臓移植しか治療法...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞