m3.com トップ > 臨床ニュース > 致死的所見消失でも生検は行うべきか【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

致死的所見消失でも生検は行うべきか【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.68_2

2019年4月15日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患救急

近医受診中の多量喀血で自治医科大学附属さいたま医療センターへ転院搬入された20歳代女性は、検査結果から肺胞出血の可能性が濃厚となり、ステロイドパルス療法が行われた。m3.com研修最前線「総合回診」シリーズ第68弾、第2回は、同センタージュニアレジデント1年目の渡邉晶子氏がまとめた肺胞出血の診断と治療について、学びを共有する。前回の記事『20歳代女性が待合室で多量喀血、原因は』はこちら喀血・血痰があるとは限らない渡邉晶子氏(以下、渡邉)びまん性肺胞出血(DAH)は、肺胞毛細血管由来の赤血球が肺胞...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞