m3.com トップ > 臨床ニュース > ACS二次予防、押さえておきたいGL改訂のポイント

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ACS二次予防、押さえておきたいGL改訂のポイント ACS新指針ハイライト―Vol. 2

第83回日本循環器学会学術集会(JCS2019、3月29日-31日、横浜市)と同学会公式サイトで7件のガイドライン(GL)の改訂版が同時発表された。引き続き、「急性冠症候群診療ガイドライン(2018年改訂版)」のハイライトを紹介する。急性冠症候群(ACS)の患者年齢の高齢化に伴い、心房細動(AF)や腎機能低下の合併例が増えている。改訂GLではこうした背景やエビデンスの集積を踏まえた推奨や、第2世代の薬物溶出ステント(DES)の普及に伴う、二次予防の抗血栓薬投与の推奨のアップデートが行われた。GL...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞