m3.com トップ > 臨床ニュース > 乾癬治療、生物学的製剤の登場で大変革【平成の医療史30年◆乾癬編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

乾癬治療、生物学的製剤の登場で大変革【平成の医療史30年◆乾癬編】 年表で振り返る治療法の変遷

平成の30年間に起きた医療に関する話題を振り返る企画、皮膚科領域では、治療法が目覚ましい発展を遂げた乾癬を取り上げる。平成を通じて治療法がどう変化していったのか。その変遷を振り返ると共に、平成の時代を通して乾癬治療に携わってきた自治医科大学皮膚科教授の大槻マミ太郎氏へのインタビューを紹介する。(m3.com編集部・河野祐子)加速する生物学的製剤開発と病態解明乾癬は、保険病名になっている主要な病型として尋常性乾癬、関節症性乾癬(乾癬性関節炎)、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症があり、このうち尋常性乾癬が全...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞