m3.com トップ > 臨床ニュース > 液体ミルクの使用に学会が注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

液体ミルクの使用に学会が注意喚起 「高温下で保存しない」「飲み残しは使用しない」など

2019年4月15日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患

日本小児科学会はこのほど、「乳児用調整液体乳(液体ミルク)の使用に関しての注意点」をホームページに掲載した。これは、2019年3月に液体ミルクの販売が開始されたことを受けての対応。「保存にあたっては高温下におかないこと」「期限が切れていないか、破損がないか確認すること」「開封したらすぐに使用し、飲み残しは使用しないこと」などを注意喚起している。国内で製造、販売される液体ミルクは、組成は乳児用粉ミルクと同等で、保存期間中の成分の変化も許容範囲内とされている。調乳環境が整っていない状況でも、常温で保...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞