m3.com トップ > 臨床ニュース > 日循CHD改訂GL、循環器各検査「推奨しない」場合を明記

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日循CHD改訂GL、循環器各検査「推奨しない」場合を明記 新・慢性冠動脈疾患診断ガイドライン― Vol. 1

2019年4月16日 m3.com編集部  カテゴリ: 循環器疾患一般外科疾患救急その他

第83回日本循環器学会学術集会(JCS2019、3月29日-31日、横浜市)と同学会公式サイトで7件のガイドライン(GL)の改訂版が同時発表された。このうち、29日の学術集会で発表された3件のGLのハイライトを紹介する。今回は「慢性冠動脈疾患診断ガイドライン(2018年改訂版、班長:山岸正和氏、玉木長良氏)」。GL合同研究班班長の一人、山岸氏(大阪人間科学大学副学長)が解説した。冠動脈(心臓)CTを含む循環器各検査の適応だけでなく「行わない」場合の推奨も明記された他、日本で特に汎用されている心筋...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞