m3.com トップ > 臨床ニュース > 「誰かがやらねば」MTX公知申請【平成の医療史30年◆乾癬編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「誰かがやらねば」MTX公知申請【平成の医療史30年◆乾癬編】 自治医科大学・大槻マミ太郎氏に聞く―Vol. 2

2019年4月17日 平成の医療史30年  カテゴリ: 皮膚疾患

大槻マミ太郎氏自治医科大学皮膚科教授の大槻マミ太郎氏へのインタビュー。第2回は、バイオ開発と乾癬の病態論進展の背景、メトトレキサート(MTX)の公知申請にかけた思いについて。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・河野祐子/2018年12月19日取材、全3回連載)「偶然の発見」が病態論のパラダイムシフトに――初めに出たバイオ2剤は、乾癬の治療を目的に開発されたものではありませんでした。どのような経緯で乾癬にも効くと分かったのでしょうか。本来はリウマチや他の領域で開発された薬で、使ったら乾癬にもよく...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞