m3.com トップ > 臨床ニュース > 16年ぶり改訂のGL、無症候性高尿酸血症の治療に踏み込んだ推奨示す【時流◆高尿酸血症診療と研究の最新動向】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

16年ぶり改訂のGL、無症候性高尿酸血症の治療に踏み込んだ推奨示す【時流◆高尿酸血症診療と研究の最新動向】 高尿酸血症・痛風ガイドラインを読み解く

「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」の第1版は1996年、この領域で世界初の指針として日本痛風・尿酸核酸学会より発行された。その後、2002年の改訂第2版から、今回16年ぶりの改訂版(第3版)として2018年12月に公表された。同学会は、国内の痛風患者数は今や100万人に増加し、高尿酸血症患者数はその10倍に上るとも推計している。ガイドライン(GL)第3版では、前回改訂時のクリニカルクエスチョン(CQ)が41項目から7項目と大幅に絞り込まれた。特に、日本でのみ治療対象とされている無症候性高尿酸...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞