m3.com トップ > 臨床ニュース > 明治時代考案の内視鏡技術は平成で定着した【平成の医療史30年◆腹腔鏡下手術/da Vinci編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

明治時代考案の内視鏡技術は平成で定着した【平成の医療史30年◆腹腔鏡下手術/da Vinci編】 内視鏡外科手術の施行件数はうなぎ上り

腹腔に開けた小さな穴からカメラと器具を入れ、画面に腹腔内の画像を映しながら手術を行う腹腔鏡下手術。もとは検査目的の開腹を避けるために考案された技術だが、手術に応用され、患者に大きな恩恵をもたらすようになったのはここ二十数年のことだ。【平成の医療史30年◆腹腔鏡下手術/daVinci編】、初回は、わが国の腹腔鏡手術に関するカギとなるデータを紹介する。内視鏡・腹腔鏡下手術は1990年から100倍に腹腔に開けた小さな穴から挿入した腹腔鏡下に検査や手術を行うという発想は、1900年前後に生まれている。ま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞