m3.com トップ > 臨床ニュース > 骨髄異形成症候群治療、薬剤選択のコツ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

骨髄異形成症候群治療、薬剤選択のコツ AMLへの移行を防ぐために

2019年4月22日 m3.com編集部  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

「骨髄異形成症候群(MDS:myelodysplasticsyndromes)」は、赤血球、血小板、白血球の成熟に異常が発生し、貧血や点状出血、易感染症などが起きる疾患である。MDSが進行すると急性骨髄性白血病(AML)に移行することもあるため、正確な予後予測の評価と治療が重要となる。長年、MDSをはじめとする血液疾患の治療に携わってきた埼玉医科大学総合医療センター血液内科教授の木崎昌弘氏に、MDSの鑑別や治療における注意点を語ってもらった。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・宮内諭/2019...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞