m3.com トップ > 臨床ニュース > メディアに振り回された? 処方に見えた医師の行動【時流◆抗インフル薬2018-19】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

メディアに振り回された? 処方に見えた医師の行動【時流◆抗インフル薬2018-19】 m3.com意識調査「結局どうした? 抗インフル薬」

2018年11月、19年1月、同3月と3回にわたって意識調査を行い、2018-19年インフルエンザ流行シーズンの処方動向を追ってきた本シリーズ、最終回は、第3回調査に寄せられた回答者の自由記載を紹介する。インフルエンザ診療に当たった医師たちは、今シーズンを振り返って何を感じたのだろうか。前回の記事『ゾフルーザ耐性ウイルス情報、処方への影響度』はこちら嵐のように始まり、去った流行流行期は大変だったが下火になるのも早く、あっという間だった【消化器科開業医】療養病床でパンデミックが起き、対応に苦労しま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞