m3.com トップ > 臨床ニュース > 第10回 運動療法は透析を防げるか[前編]

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第10回 運動療法は透析を防げるか[前編] 執筆:森 建文(東北医科薬科大学)、監修:南学正臣(東京大学医学部附属病院)

はじめに-高齢になれば、多くがCKDレベルの腎機能に慢性腎臓病(CKD)患者は1300万人を超え、国民病と言えるほどになってきました。CKDは何らかの腎臓に関わる血液・尿検査異常があるか、腎機能を表す推定糸球体濾過量(GFR)が60mL/分/1.73m2を切るかのいずれかが3カ月続くと診断されます1)。日本腎臓学会のシミュレーションによると腎機能は年々低下し、高齢者の多くがCKDレベルの腎機能になり得ます(図1)。推定GFR60mL/分/1.73m2を切ると心血管病が増えますが、あまり自覚症状は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞