m3.com トップ > 臨床ニュース > 「行き詰まり感」打開したda Vinci【平成の医療史30年◆腹腔鏡下手術/da Vinci編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「行き詰まり感」打開したda Vinci【平成の医療史30年◆腹腔鏡下手術/da Vinci編】 藤田医科大学総合消化器外科教授・宇山一朗氏に聞く―Vol. 3

腹腔鏡下胃切除術に対する社会的信頼を得たのち、藤田医科大学総合消化器外科教授の宇山一朗氏が取り組んだのは、次世代型手術となる手術支援ロボットだった。せっかくの社会的信頼をドブに捨てるリスクを冒しても、次の挑戦に臨んだ理由は何だったのか。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・軸丸靖子/2018年12月17日取材、全3回)リスク承知で手術支援ロボット導入――平成の後半には、手術支援ロボット「daVinci」を用いた腹腔鏡下胃切除術へとかじを切ります。「daVinci」は、2000年(平成12年)に慶...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞