m3.com トップ > 臨床ニュース > 日循GL「糖尿病+多枝病変はCABG>PCI」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日循GL「糖尿病+多枝病変はCABG>PCI」 新・安定冠動脈疾患の血行再建ガイドラインハイライト―Vol. 2

第83回日本循環器学会学術集会(JCS2019、3月29日-31日、横浜市)と同学会公式サイトで同時発表された7件のガイドライン(GL)改訂版のうち、安定冠動脈疾患の血行再建ガイドライン(2018年改訂版)を紹介する。GL班長の一人である中村正人氏(東邦大学医療センター大橋病院・循環器内科教授)による改訂ポイントの解説、Vol.2は、同GLの最大のハイライトでもある血行再建における経皮的冠動脈インターベンション(PCI)と冠動脈バイパス術(CABG)の推奨の併記について。糖尿病合併例、多枝病変で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞