m3.com トップ > 臨床ニュース > 縦隔炎・脳梗塞予防のグラフト採取法・オフポンプ手術を強く推奨

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

縦隔炎・脳梗塞予防のグラフト採取法・オフポンプ手術を強く推奨 新・安定冠動脈疾患の血行再建ガイドラインハイライト―Vol. 3

第83回日本循環器学会学術集会(JCS2019、3月29日-31日、横浜市)と同学会公式サイトで、同時発表された7件のガイドラインの改訂版のうち、安定冠動脈疾患の血行再建ガイドライン(2018年改訂版)を紹介する。Vol.3は、GLコアメンバーの一人である荒井裕国氏(東京医科歯科大学・心臓血管外科教授)による、外科の立場から見た改訂のポイント。術後の重大な合併症予防を目的とした、超音波メスを用いたskeletonization法による両側内胸動脈(BITA)グラフトの採取やオフポンプバイパス(O...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞