m3.com トップ > 臨床ニュース > 第10回 腎臓病に運動が効く「3つの機序」とリハ処方の実際[後編]

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第10回 腎臓病に運動が効く「3つの機序」とリハ処方の実際[後編] 執筆:森 建文(東北医科薬科大学)、監修:南学正臣(東京大学医学部附属病院)

はじめに腎臓病患者の透析予防を目的とした運動は従来、タブーと考えられていました。しかし、最近、腎機能保持に対する運動の効果が注目されつつあります。2011年には日本腎臓リハビリテーション学会が発足し、研究や手法の開発が進んでいます。後編では、期待されるメカニズムとリハビリテーションのプロトコルを紹介します。私の視点-動物実験ではARBに匹敵する腎保護効果も① 腎血流・低酸素改善作用腎臓は特異な血管構造により動脈と静脈が並走しています。酸素は動脈から静脈に流れるので、腎臓の髄...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞