m3.com トップ > 臨床ニュース > 在宅での使用薬数が多い実態が明らかに

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

在宅での使用薬数が多い実態が明らかに 第10回高齢者医薬品適正使用検討会

2019年4月26日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患精神科疾患

厚生労働省は4月24日、都内で高齢者医薬品適正使用検討会の第10回会合を開き、高齢患者の療養環境ごとの多剤服用、ならびによく処方されている「特に慎重な投与を要する薬物(PIMs)※」の実態が報告された。在宅療養患者では、特別養護老人ホーム(特養)患者に比べ使用薬剤数が多い傾向にあった。(m3.com編集部・坂口恵)ここでは「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」(日本老年医学会)に挙げられている睡眠薬、抗うつ薬、スルピリド、抗パーキンソン病薬、利尿薬と定義関わる医師の多さが多剤使用に関連か...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞