m3.com トップ > 臨床ニュース > 痙攣への救急対応、初期研修医の反省点【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

痙攣への救急対応、初期研修医の反省点【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.70_3

痙攣を主訴とする救急搬入例への初期対応についてお送りしているm3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズの第70弾。最終回は、同センタージュニアレジデント2年目(発表当時1年目)の広岡翔真氏と、研修医や上級医との議論の模様をお伝えする。広岡氏が「反省があった」という対応はどの部分だったのか。前回の記事『痙攣症例、救急での頭部CTは必須か』はこちらステップ3――再発予防・治療広岡翔真氏(以下、広岡)痙攣を止め、原因の検索を終えたら、最後のステップとなる再発予防・...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞