m3.com トップ > 臨床ニュース > セファゾリン製造企業の担当者、今後の供給見通し示す

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

セファゾリン製造企業の担当者、今後の供給見通し示す 化療学会で緊急シンポジウム ー Vol. 1

5月11日、東京都で開かれた第67回日本化学療法学会総会において、緊急シンポジウム「セファゾリンの供給停止に伴う諸問題」が開催された。同シンポジウムでは、セファゾリン製造販売企業の日医工株式会社上席執行役員信頼性保証本部長の島崎博氏が急遽登壇。今回の供給不足の詳しい経緯を説明した。島崎氏によると、2019年秋から2019年年末までには同社におけるセファゾリンの安定供給を回復させたい見通し。会場の医師や製薬関係者からは「完全な供給回復にはまだ時間がかかるのでは」「供給不安の要因はセファゾリン以外の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞