m3.com トップ > 臨床ニュース > 子ども虐待の多職種初期対応ガイドを公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

子ども虐待の多職種初期対応ガイドを公開 医療、教育、福祉など多職種の人を対象に

2019年5月17日 日本小児保健協会  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患救急

日本小児保健協会はこのほど、「子どもに関わる多職種のための子ども虐待初期対応ガイド」を公式ホームページで公開した。同ガイドでは、虐待による特徴的な外傷を実際の写真で紹介するなど、子ども虐待を早期に発見するためのポイントを解説している。同ガイドでは、子ども虐待を「子どもが罹患する重大な疾患のひとつ」と位置付け、子ども虐待の早期発見、早期対応のためには多職種の連携が必要不可欠と明記。同ガイドの対象として、公的機関だけでなく、医療、教育、福祉といった子どもに関わる多職種の人を設定している。虐待に気づく...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞