m3.com トップ > 臨床ニュース > 血清アルブミンの測定法統一へ学会提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

血清アルブミンの測定法統一へ学会提言 日本臨床検査医学会「BCP改良法に」

日本臨床検査医学会はこのほど、「血清アルブミン測定の標準化に関する提言」を公式ホームページで公開した。BCG(bromocresolgreen)法での血清アルブミン(Alb)測定は偽高値を示す可能性があることから、同学会や関連学会ではこれまでもBCP(bromocresolpurple)改良法を勧奨してきた。しかし、小規模病院・診療所では現在もBCG法による測定値を使用している場合があり、紹介先の大規模病院でBCP改良法による測定を行った場合に血清Alb値が乖離することを問題視。BCP改良法への...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞