m3.com トップ > 臨床ニュース > SAHで頭痛訴えるも「甘え」と一蹴

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

SAHで頭痛訴えるも「甘え」と一蹴 「スポーツをきっかけとしたケガの症例経験を教えてください」―Vol. 5

2019年5月20日 m3.com意識調査  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患救急

m3.com意識調査で、スポーツによるケガについて医師会員の意見を求めたところ、頭痛を訴えていたにもかかわらず、指導者に甘えと激怒されて意識障害を来したクモ膜下出血の事例や、野球肘など積み重ねが原因のケガは予防の体制づくりが必要などと、指導姿勢に対する意見などが目立った。ここでは、医師会員から寄せられたスポーツによるケガに対する指導や診察、注意点に関する具体的な意見を紹介する。Q.スポーツによるケガについて、ご意見があればお聞かせください。(自由回答)「指導」についてバドミントン中にSAH(クモ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞