m3.com トップ > 臨床ニュース > 肛門疾患診療指針2019の改訂案公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

肛門疾患診療指針2019の改訂案公開 「直腸脱」の章を追加

日本大腸肛門病学会はこのほど、「肛門疾患(痔核・痔瘻・裂肛・直腸脱)診療ガイドライン2019年版」の改訂案を公開し、パブリックコメントを募集している。同ガイドライン(GL)は2014年版の改訂版。今回から「直腸脱」の章を追加し、治療法などの臨床的重要課題に絞りクリニカルクエスチョン(CQ)を設定した。意見募集の締め切りは2019年6月5日で、同学会の電子メールとFAXで受け付けている。同GLは4章構成で、2014年版で取り上げた「痔核」「痔瘻」「裂肛」に、これまで診断や治療方法が十分に標準化され...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞