m3.com トップ > 臨床ニュース > 第2回 余命が規定される場合の判断基準と支援の選択肢

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第2回 余命が規定される場合の判断基準と支援の選択肢 高齢者・意思決定支援 小川 朝生(国立がん研究センター東病院)

前回(第1回「看取り急増」時代の意思決定支援を考えよう!)、超高齢社会を迎える中で、高齢者の看取りが増えること、併せて、疾病を持ちつついかに過ごすかを考える上で、「病みの軌跡(疾病の経過、illnesstrajectory)」という考え方を紹介しました。「病みの軌跡」は、疾病によって今後どのような経過をたどるのかを予想できることがポイントで、今後を予測し、あらかじめ対策を立てるところに、この概念を使う意義があります。さらに、軌跡の代表例として高頻度で併存する認知症を取り上げました。わが国では、認...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞