m3.com トップ > 臨床ニュース > 終末期心不全の在宅移行で伝える話【時流◆緩和ケアを考える5】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

終末期心不全の在宅移行で伝える話【時流◆緩和ケアを考える5】 第5回関東循環器緩和ケア研究会-Vol.3

2019年6月6日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患一般外科疾患その他

第5回関東循環器緩和ケア研究会が1月、都内で開かれ、ゆみのハートクリニックの小出雅雄氏らが経験した終末期心不全患者の多職種介入による在宅療養の一例が報告された。家で過ごすことを希望した終末期心不全患者に在宅担当医がコミュニケーションで心がける点や、参加者らのディスカッションで注目された点とは。(m3.com編集部・坂口恵)本研究の一部は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の「循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業」の支援によって行われた。前回の記事『「どの治療方針でも予後厳...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞