m3.com トップ > 臨床ニュース > 診療中の患者のスマホいじりに閉口

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

診療中の患者のスマホいじりに閉口 m3.com意識調査「スマホにまつわる不調・疾患を診察した経験は?」―Vol. 3

スマートフォン(スマホ)やタブレット、携帯ゲーム機など携帯端末の普及が、医師の日常診療に役立つ場面は数多くあるだろう。半面、患者もスマホを持っていることで、診療上で困る場面もあるのではないだろうか。m3.com意識調査の自由回答に寄せられた記載を紹介する。前回の記事『スマホ時間「問診すべきと学んだ」』はこちらインフォームド・コンセント中のスマホいじり「やめてほしい」診察待ちの間スマホを見ていて、呼んでも来ない【整形外科開業医】スマホがないと落ち着かない人がいる【外科系勤務医】インフォームド・コン...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞