m3.com トップ > 臨床ニュース > 第11回 腎臓学会調査委員長による「福生病院の透析中止」の経緯[前編]

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第11回 腎臓学会調査委員長による「福生病院の透析中止」の経緯[前編] 執筆:守山敏樹(大阪大学)、監修:南学正臣(東京大学医学部附属病院)

はじめに報道を受けての東京都・関連学会の動き公立福生病院(東京都福生市)で2018年8月、44歳(女性)の慢性維持透析患者が人工透析治療の中止を選択し、そのおよそ一週間後、死亡に至ったとする報道が最近、毎日新聞によってなされ、波紋を呼びました。同病院に立ち入り検査を実施した東京都は2019年4月9日、一部で患者の意思を確認する書類が保存されず、代替療法の説明の記録にも不備があったとし、文書による指導を行いました。病院側は同11日、「指導内容を真摯に受け止め、診療記録における記録の徹底を図る」とす...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞