m3.com トップ > 臨床ニュース > 周術期特定行為研修で意見募集

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

周術期特定行為研修で意見募集 日本麻酔科学会、麻酔科医から看護師へのタスクシフティングで

2019年6月13日 日本麻酔科学会  カテゴリ: 一般外科疾患その他

日本麻酔科学会はこのほど、同学会が作成を進めている「周術期特定行為研修」プログラムの検討にあたって、会員からのパブリックコメントを募集している。同プログラムでは、麻酔科医から看護師へのタスクシフティングを推進するため、術中麻酔管理領域における特定行為研修の複数の科目をパッケージ化して実施し、短期間での認定者養成を図る。意見募集の締め切りは2019年6月21日で、同学会が電子メールで受け付けている。同学会は、プログラム作成上の方針として、新しい「特定行為に係る看護師の研修制度」による認定者養成が麻...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞