m3.com トップ > 臨床ニュース > 終末期の「リハ」と「緩和」に違いはあるのか【時流◆緩和ケアを考える5】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

終末期の「リハ」と「緩和」に違いはあるのか【時流◆緩和ケアを考える5】 第5回関東循環器緩和ケア研究会- Vol. 4

2019年6月13日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患一般外科疾患その他

循環器疾患領域での心大血管リハビリテーションや緩和ケアの体制整備が進んでいる。そんな中、実臨床では「どこまでがリハビリテーションで、どこからが緩和ケアなのか」との新たな課題も出てきているようだ。第5回関東循環器緩和ケア研究会(2019年1月26日、東京都)での、ゆみのハートクリニックの小出雅雄氏らによる「緩和ケア」と「リハビリテーション」の位置付けを考えさせる症例。同クリニックの理学療法士、小林琢氏は「『日常生活の支援』や『呼吸苦など身体症状の緩和』といった、緩和とリハビリテーションの線引きが難...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞