m3.com トップ > 臨床ニュース > ネット依存治療は酒や薬物と比べて格段に難しい【時流◆スマホ関連病】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ネット依存治療は酒や薬物と比べて格段に難しい【時流◆スマホ関連病】 久里浜医療センター・樋口進氏に聞く―Vol. 1

2019年6月14日 時流  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患

スマートフォン(スマホ)のオンラインゲームなどに過度に依存する未成年が年々増加している。5月25日には、世界保健機関(WHO)が「ゲーム障害」を新たな疾病として正式に認定した。スマホやインターネットへの依存の治療は、どのように行われるのだろうか。長年、アルコールや薬物などの依存症治療と研究に取り組み、2011年には日本で初めて「インターネット依存症」の専門外来を立ち上げた久里浜医療センター院長の樋口進氏にゲーム障害の実態と問題点、治療法などを聞いた。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・宮内諭/...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞