m3.com トップ > 臨床ニュース > 癌免疫療法で学会が一般向けに注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

癌免疫療法で学会が一般向けに注意喚起 知識・経験ある医師の下で治療など3点留意を

2019年6月18日 日本臨床腫瘍学会  カテゴリ: 一般内科疾患その他

日本臨床腫瘍学会はこのほど、一般向けに作成した「がん免疫療法に関する注意喚起について」と題する文書を学会ホームページに掲載した。癌免疫療法による治療にあたって、保険適用されていない免疫細胞療法や癌ワクチン療法が一部のクリニックで高額な値段で患者に投与されており、患者が不確かな情報に惑わされて不利益を受けている状況を危惧しての対応。癌の化学療法などに対して十分な知識と経験を持つ医師がいる医療機関で治療を受けるなど3点について、留意するよう呼びかけている。文書では、免疫チェックポイント阻害薬の治療に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞