m3.com トップ > 臨床ニュース > 第11回 腎臓病の緩和ケア・終末期症状に関する最新知見[後編]

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第11回 腎臓病の緩和ケア・終末期症状に関する最新知見[後編] 執筆:守山敏樹(大阪大学)、監修:南学正臣(東京大学医学部附属病院)

腎臓病の「緩和ケア」欧米でも緩和ケアの枠組みが提唱され始めている腎臓病診療の緩和ケアについて十分に議論・検討されていないことが、今回の公立福生病院での透析中止に関する事案を通して推測されました。日本透析医学会、日本腎臓学会、日本小児腎臓病学会、日本腹膜透析医学会、日本臨床腎移植学会など、関連学会は今後、腎臓病の緩和ケアについて取り組みを強め、その実施に当たって必要な情報の提供に努めていくことが重要と考えます。ある末期腎不全患者の看取りの経過腎臓病緩和ケアについては、欧米での検討が先行しており、最...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞