m3.com トップ > 臨床ニュース > 第15回 「効かぬなら 変えてみようか DM薬」はむしろ有害?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第15回 「効かぬなら 変えてみようか DM薬」はむしろ有害? 執筆:山名隼人(東京大学)、監修:康永秀生(東京大学)

今回扱う論文Sulfonylureasassecondlinedrugsintype2diabetesandtheriskofcardiovascularandhypoglycaemicevents:populationbasedcohortstudyBMJ2018;362:k2693.はじめに第1選択薬の治療効果が乏しいときに薬剤追加や他の薬剤への変更を検討することは、一般的な治療戦略です。メトホルミンを使用中の2型糖尿病患者に対して、スルホニルウレア(SU)剤の追加や変更もよく行われています...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞