m3.com トップ > 臨床ニュース > ILAEてんかん発作型と分類の日本語版発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ILAEてんかん発作型と分類の日本語版発表 発作は焦点起始、全般起始、起始不明に分類

日本てんかん学会はこのほど、国際抗てんかん連盟(ILAE)のてんかん発作型分類とてんかん分類2017の日本語版を学会ホームページに掲載した。発作型は焦点起始発作、全般起始発作、起始不明発作に分類され、その下のカテゴリーに運動発作と非運動発作があり、焦点発作には意識が保持されるものと障害されるものがある。診断については、「発作型」「てんかん病型」「てんかん症候群」の3つのレベルで行うとしている。発作型は1981年版を改訂したもので、一部の発作型を焦点発作と全般発作のどちらでも分類できるようにするこ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞