m3.com トップ > 臨床ニュース > セファゾリン使えない治療の代替薬

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

セファゾリン使えない治療の代替薬 「セファゾリンの供給不安、診療への影響は?」―Vol. 3

m3.com意識調査で、セファゾリンの供給不安が影響している治療場面で最も多かったのは、「軟部組織感染症(蜂窩織炎、丹毒など)の治療」で29.1%を占めた。他には「メチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)菌血症の治療」23.9%、「尿路感染症(急性腎盂腎炎)の治療」20.1%が2桁を超え、代替薬の選定に苦慮する様子がうかがえた。ここでは、セファゾリンの供給不足が治療に影響すると答えた医師の自由回答を紹介する。Q.セファゾリンの供給不安が「影響している」と回答した先生に質問です。状況・場面の具体...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞