m3.com トップ > 臨床ニュース > リネゾリドの適正使用で注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

リネゾリドの適正使用で注意喚起 海外でLZD耐性のMRSAが散見

日本化学療法学会はこのほど、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)及びバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)感染症治療薬「リネゾリド(LZD)」に関する通知をホームページに掲載した。同剤の後発医薬品の臨床使用が頻用の一因となり、結果として耐性化を助長するとして、改めて適正使用を呼びかけている。現在、国内ではLZD耐性のMRSAは極めて稀だが、海外では報告が散見されているという。LZDについて、後発品はVREのみの適応取得だったため、後発品の頻用あるいは乱用の懸念は少ないと思われたが、発売会社が増え...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞