m3.com トップ > 臨床ニュース > ハートチーム標準化で予想される変化とは【時流◆ハートチームで見るチーム医療】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ハートチーム標準化で予想される変化とは【時流◆ハートチームで見るチーム医療】 京都府立大学・夜久均氏へのインタビュー―Vol. 2

2019年6月27日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患一般外科疾患救急その他

京都府立医科大学心臓血管外科教授の夜久均氏へのインタビュー第2回。日本循環器学会の安定冠動脈疾患ガイドラインでハートチームの標準化が進むことで、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)や冠動脈バイパス術(CABG)の比率が変わることが予想される他、患者への治療方針決定や説明の際に留意すべき点が加わりそうだ。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・坂口恵/2019年5月取材、全6回連載)前回の記事『GLで今、「ハートチーム」が推奨された訳』はこちら――京都府立医科大学では、2014年からハートチーム...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞