m3.com トップ > 臨床ニュース > 供給不安で他剤処方「査定しないで」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

供給不安で他剤処方「査定しないで」 「セファゾリンの供給不安、診療への影響は?」―Vol. 4

m3.com意識調査では、セファゾリンの供給不安問題に対し、医師会員から自由意見を求めた。代替薬を用いた場合は「査定対象にしないで」との要望や、薬価政策への注文、後発品の使用促進を進めてきた国に対する意見などが寄せられた。ここでは、セファゾリンの供給不安問題に対する自由回答の一部を紹介する。Q.今回発生したセファゾリン供給不安の問題について、ご意見があればお聞かせください。(自由回答)「保険・薬価政策」についてこのような状況で他の薬を用いた場合、査定対象にはしないでほしい。われわれが原因ではない...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞